学校説明会・見学会のコツ!

小学校受験説明会服装どうする?ちょっと待ってお母さん!!もっと大事な持ち物あります!

私立・公立小学校受験説明会で大事なのは服装?・・・いや、実は気を付けるべきはそこじゃありません!小学校受験の説明会に紺色のお受験スーツを着るのが定番で、大多数の方が着ていますが、実は服装に特に指定はなく、きちんとした格好であれば問題はありません。私も実際にネイビーの受験スーツではない方を説明会でお見掛けしたことはあります。

では小学校受験の説明会・オープンスクールとは何か?小学校受験説明会で気を付けるべき事や大事な持ち物についてお話します。

この記事を書いている私は小学校受験指導歴6年「娘のおぺりちゃんを小学校受験にほぼ自宅学習で合格させたワーママ」です。こんな私が解説していきます。

小学校受験説明会って何?

小学校受験説明会はその学校の特色、校風、教育方針などを校長先生はじめ諸先生方が学校について説明します。入試の概要や授業カリキュラムの紹介、学費、年間行事など入学を検討する上で必要な基本的な情報を得られます。

対象者は?

入試を検討する保護者です。今年受験を控えている方だけではなく、受験を検討している方ならなら誰でも参加OKという学校が多いです。

所要時間は?

1時間から2時間程度になります。

子どもは参加できる?

小学校受験説明会でお子様は

1.お子様を別室で預かってくれる学校

2.保護者とお子様が一緒の会場の学校

3.保護者のみ参加の学校

に分かれます。事前に確認しておきましょう。

子どもが事前にしておくべき準備

私は、おぺりちゃんと小学校受験説明会やオープンスクールに行く前に

教え方が分かるお母さんのための問題集 【行動・常識】生活・マナー(学校説明会・入試実践編)を読んでから行っていました。


幼稚園児のおぺりちゃんにとって小学校は初めての場所。何もかもが目新しくて楽しくなってしまい、言う事を聞かない事がありとても困ったことがありました。小学校説明会やオープンスクール、模試、受験でのルールやマナーが描いてある本を探したのですが、中々なくて、やっと見つけたのがこの本です!!小学校に実際に行ったときに実際に守るべきマナーが描いてあって本当におすすめの本です。ぜひ学校見学の前にお子様と一緒に一読しておくべき内容だと思いました!

オープンスクールって何?

小学校を開放し、学校の普段の様子を見たり体験することで、より深くに学校生活を理解してもらうことを目的としています。普段の授業風景を見る事が出来たり、実際に授業を体験する事ができます。学校のホームページやパンフレットだけでは知る事のできない学校の雰囲気を肌で感じることができます。

対象者は?

入試を検討しているお子様本人と保護者です。反対に小学校説明会は入試を検討している保護者向けの内容となっています。

所要時間は?

説明会より時間がかかる事も多くおおむね2時間~になります。

 

小学校受験説明会・オープンスクールで大切な事

志望校に名前を残す

小学校受験の説明会参加の際に名前はもちろん住所や子どもの年齢、幼稚園、通っている塾などの個人情報を記入し学校に提出することが多いです。参加者のデータは受験の際に小学校側は把握している事が多いです。受験者が学校説明会などの行事に積極的に参加し小学校の事をどのくらいよく理解しているのか、入学の意思がどの程度あるのか?の判断基準にもなります。その為、入試を検討している学校説明会には必ず参加する事が必須です。ちなみに、私は気になる学校は片っ端からおぺりちゃんが2歳の時から学校説明会に行っていました。志望校を絞った時は可能な限り開催される全説明会に参加していました。

願書や面接での題材集め

小学校説明会は願書を書く時と面接での受け答えの為のエピソード集めの貴重な場所です。合格する人の願書や面接での受け答えはパンフレットやホームべージに書いてあるありきたりな内容ではありません。パンフレットやホームページに書いてある内容はしっかりと理解した上で実際に学校を訪れて自分の感じた事や自分の意見を入れ、だからこの学校に我が子を入学させたい!と決めたと言う説得力が不可欠なんです。

その為に私は、小学校説明会で先生方が実際に言っていたお話、学校を見て気が付いたこと、通っている生徒さんを見て感じた事など実際に学校に行かないとホームページやパンフレットを見ただけでは感じる事のできない事をたくさん見つけてメモを残すようにしていました。これのメモのおかげでオリジナリティー溢れる合格できる願書や面接での受け答えが出来たと思っています。

 

小学校受験説明会・オープンスクールでの注意点

小学校受験説明会で【保護者とお子様が一緒の会場の学校】の注意点

学校によっては学校説明会の会場にお子様も参加可となっている場合があります。小学校説明会の対象者は入試を検討する保護者です。しかし、すなわち子どもにとっては小学校説明会の話は難しく1~2時間、静かに聞いて座っているのはかなりの苦痛です。そして大人が大多数のシーンとした会場、騒がれるとかなり目立ちます( ノД`)そのためには静かに待っていられるようにお子様に事前に話したり、静かに待っていられるように工夫をするか、無理をせずに保護者だけでの参加でもいいかと思います。

オープンスクールでの注意点

オープンスクールは入試説明会より年間でも限られた日にしか開催しない場合が多く、事前予約で定員制や先着順の場合も多いです。また、年齢を年長児の今年受験を検討しているお子様に限定している学校もあるため、人気の学校はすぐに予約が埋まってしまう場合も多いです。早いうちから調べて事前に予約をしておきましょう。

持ち物

バインダー

学校説明会は、机の無い会場で行われることが多く、小学校に提出するアンケートや説明会参加者を書く紙などを机が無くてもこれがあればきれいにかけます。私は黒のA4のバインダーを持ち歩いていました。願書・面接エピソード用の学校説明会・オープンスクールで気が付いたことをメモを取るのにも使えます。また子どもと説明会に参加し飽きてきてしまった時のお絵描きにもピッタリでした。

折り紙、本

こちらも子どもと説明会に参加し飽きてきてしまった時、静かに待っていられるようにそっとバックに入れていました。本屋おりがみはかさばらないのでバックに1つ入れておくと良いです。

ビニール袋

自分の脱いだ靴を説明会の会場持っていく場合が多く、バックに靴を入れる時に便利でした。

スリッパ

筆記用具

飲み物

ハンカチ・ティッシュ

と言った感じです。

以上、小学校受験の説明会・オープンスクールについてお話してきました。

小学校受験説明会・オープンスクール子どもの正しい服装

あってよかった!小学校受験説明会便利グッツおすすめ5選

↑こちらも併せてお読みください(#^^#)