お受験・小学校受験

模試を受けてメンタル強化!

小学校受験をするなら本番前に必ず模試を受けることをお勧めします。
小学校受験のいろんな模試が全国で行われていますが、おすすめはこの模試です。

1、小学校受験統一模試
全国最大の受験者数を誇る模擬テストです。東京・神奈川・千葉・埼玉会場では、実在の私立小学校を会場として実施していて本番の受験そのままの体験ができます。小学受験統一模試の年間スケジュールは、年長児は3・5・7・8・9月の全5回です。
ペーパー・絵画制作・運動・行動・個別・口頭も試験の回もありますが、ペーパー重視の模試と言った内容でしたので、おぺりちゃんはペーパー試験の実力の判断にこの模試を受けていました。

2、小学校受験全統オープン
こちらも全国規模の模試です。首都圏の会場では、実在の私立小学校を会場として実施していて本番の受験そのままの体験ができます。全統オープンは年長児の総合テストが2~10月の開催となっています。
また、全統オープンは行動観察・運動テストの指導ゼミも開催しているのが特徴です。なかなか対策しづらい行動観察も本番さながらの体験ができるので、おぺりちゃんは行動観察や運動テストの対策でこのゼミや模試を受けていました。

3、ジャック幼児教室の学校別模試テスト

こちらは小学校受験の幼児教室でとても有名なジャックが開催している志望校の学校別模試テストです。ジャックに通っていなくても受講料が少し高くなりますが一般として模試を受講することが出来ます。総合的な模試の上記2つとは違い志望校別に絞った内容で、本番に近い内容の模試を受験できるのがとても良いです。大人気なのでとにかく早く申し込むのをお勧めします。

この模試のスケジュールを見ると分かりますが、年中の3月には模試が開始されるので遅くても年中の3月までは基礎はもちろん、本番に近い応用の問題にもある程度対応できるくらいの力をつけておきたいですね!

模試は全部受ける必要はありませんが、お子様に合わせて模試を選び、本番の試験への場なれ、雰囲気やどういった流れなのかを練習するとても大事なものです。

模試の1か月前くらいから申し込みが可能です。が例年すぐに満席となってしまいますので、こまめに情報をチェックしておきましょう。

早いうちに模試を受けることで模試の結果が悪くても、どこが弱点なのかに気づいてあげられるので、苦手な科目をきちんと復習すれば大丈夫です!本番までに間に合えばいい事なので模試の結果にあまり焦らずに取り組むといいですね!(^^)!

超重要!!小学校受験を乗り切るための問題集と年間スケジュールこちらも併せてお読みください!(^^)!