お受験

(分からない問題を)後にまわす勇気

小学校受験の模試を受ける直前にするべきペーパーテストの練習をがあります。
それは、テストを時間内に終わらせるための3つの練習です。
1、分からない問題は飛ばして後で時間があったらやる
2、問題を全部解き終わったら見直しをする
3、試験時間を意識しながらスピードアップして問題を解けるようにする

これは完全に本番のテストと同じように、試験をこなす練習をしないと身に付きません。
毎日のプリント学習をしているだけではなかなか身につけることのできない試験のスキルです。本番に近い模試ではこのスキルがないと時間内にテストを終わらせ、問題の正解率を上げることが難しくなってしまうのです。

その為におぺりちゃんがまず練習したのは、1問1問にかかる時間のスピードアップです。こぐま会さんの「スピードアップトレーニング1」を使いながら、時計、タイマーを置いて○○分までに○○問解いてみようね!と時間を決めてチャレンジしていました。
その際にも分からない問題は飛ばして後で時間があったらやってみよう!と言ってここでも本番に近い解き方を練習しました。


そして1問の解く時間がスピードアップしたら、本番入試レベルのこちらの「有名小入試合格完成テスト」問題集を使って「今日はテストをします!」と言って実際のテストと全く同じように時間をはかり、最後に見直しが出来るかまでをおぺりちゃん1人で行っていました。


この練習を年長の模試が増える前の年中の最後の2.3月にすることで小学校受験の模試の会場でも落ち着いていつもと同じようにテストを受ける練習が家で出来たと思います。ぜひ試してみてください!(^^)!

無料で何度でも出来る行動観察の練習←こちらも併せてお読みください!(^^)!