小学校受験

幼稚園、算数プリント子供の計算が遅い。指を使って数えなくなった方法

とても計算が遅いおぺりちゃん(6歳)指を出して「1.2…」と数えてたし算・引き算をやる。小学校受験も終わり、入学準備の為、小学校1.2年低学年の算数ドリル、プリントをやらせてもとにかく時間がかかる、これじゃぁいつまで経っても宿題が終わんないのでは、、、Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

そんな算数が苦手・計算が遅かったおぺりちゃんが、『計算が早くなった方法』をご紹介します。

この記事を書いている私は小学校受験指導歴6年「娘のおぺりちゃんを小学校受験にほぼ自宅学習で合格させたワーママ」です。こんな私が解説していきます。

計算が遅い原因

計算のやり方自体が分かっていない

理解できていないところを見つけてあげる

計算が遅いなぁ、、、と思っていたら意外とたし算のやり方自体をよく分かったいなかったことがありました。計算を早くする前の大前提として計算のやり方をしっかり覚えることが大事です。例えば『27-15はできているけど27-19はできない』=繰り下がりのある引き算が出来ていないんだ。と言ったように、理解している所と理解できていない所を見つけてそこを教えられる様に心がけていました。

基礎の算数のプリント・ドリルを使ってしっかり、【たし算・引き算・かけ算・割り算】の計算の仕方をインプットしてあげましょう。

おすすめの無料・算数ドリル・プリント

おぺりちゃんもずっと利用させてもらっている、【子供の無料プリントダウンロード】

🍙ちびむずドリル☜です。算数のプリントはもちろん学年別・科目別にいろんなプリントが無料でできちゃいます!イラストやカラー、クイズ形式になっていたりとプリント自体もとても楽しい内容でおぺりちゃんは大好きです。しかも面倒な会員登録やログインも必要ないし、無制限に何枚でも無料でサクッとプリントアウトできて本当に便利なサイトです。

計算のやり方はわかっているが時間がかかる

なぜ大人は計算が早いのか?それは今まで計算をした回数が多いから。子供は生きている年数が少ないので大人より計算する機会がとても少ない。なので「うちの子は計算が遅い」のではなく、子供は計算が遅くて当然です。計算が早くなるためにには何度も何度も反復練習をしないと計算は早くはなりません。

算数プリントを何度もやらせてはいけない?!

では、うちの子は計算が遅いから、もっと算数のプリントやドリルをたくさんやらせたら方がいいのではないか?と思う方は多いと思いますが、それは少し違う気がします。

なぜならおぺりちゃんにもっと計算力をと思い算数プリントをどんどんやらせた結果。。。「ママ~これつまんないからもうイイ!!」と言われたからですΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

もちろん、計算のプリントやドリルをたくさんやる事で確かに計算は早くなるかもしれません。しかし、ただただ、計算プリントを解くと言う反復練習。おぺりちゃんには実につまらなかった様です。確かに計算プリントがとっても楽しい!と言う子供はとても少ないのではないかと思います。

最初のインプットの部分、やり方や基礎を覚えるのにだけプリントを使う方がおぺりちゃんには向いていると感じました。

ではどうやって計算の反復練習をたくさんして計算を早くするのか?それはちょっと考え方を変えてこの計算の反復練習を子供が夢中になるように楽しくゲームにして日常生活に取り入れてあげることです!

計算を楽しく日常に取り入れる

買い物

おぺりちゃんにはお菓子をただ買うのではなく、例えば200円を渡して

「200円以内で好きなお菓子を買っていいよ。ただし自分で計算してみようね!」

と言ったように自分で計算をして買い物をする習慣をつけるようにしています。最初は時間がかかっていましたが、いまではおつりがいくら返ってくるのかまで自分で計算して買い物をしています。

ゲーム

ナンバーゲーム

その名の通り、見かけた自動車のナンバープレートの数字を足したり引いたりして計算をしていました。例えばその車のナンバーの数字が見えなくなる前に全部足せたら「勝ち」足せなかった「負け」といったように子供に合わせたルールを決めてゲームをしていました。車が変わるたびに急いで計算しないといけないので、けっこう大変ですが、車はどこでも見かけるのでいつでも計算ゲームができてお金もかからないし楽しんでやっています(#^^#)

お陰でおぺりちゃんはナンバーに書いてある地方の名前の漢字も読めるようになったり、何県にある地名なのか、ナンバーの色も覚えていてもはやナンバーマニアです(笑)記憶力もつくのでおすすめです(#^^#)

おぺりちゃんがはまった!!子供が夢中になる算数・計算カードゲーム←こちらも併せてお読みください!(^^)!