小学校受験

小学校受験が終わったら…合格したその後の勉強方法!私立・国立小学校入学準備

おぺりちゃんは小学校受験まで毎日勉強をして過ごして来ました。いざ受験が終わったら、合格したその後一体どう過ごしたら良いのか?小学校受験合格後の学習方法などに悩みました。そこで今日は私立小学校入学前の準備、どう過ごしたら良いのかについてお話します。

小学校受験で身に付いた自宅学習の習慣を無駄にしない様にする。

小学校受験を経験したお子様は良く小学校3.4年生くらいの学習能力が既に身に付いていると言われています。小学校受験でよく出る長文、お話の記憶。理科的常識。数の概念などは確かに小学校3.4年生での学習内容にも匹敵する様な内容だと思います。それをスラスラ制限時間内に解くことのできる5.6歳の子。小学校受験の世界では当たり前になっていましたが、世の中の普通の同い年の子にはなかなかいないのではないでしょうか?小学校受験が終わった!!合格した!!もう明日から何にも勉強しなくていい〜!ではなく。せっかくここまで身に付いた学習能力。学習習慣を無駄にしない事が1番大切だと思います。おぺりちゃんは合格した日から一週間だけお勉強お休みしました!でも一週間もすると「今日プリントないのー?」と聞いてくる程。受験の時は大変だったのにいざ合格してしばらくお休みしたら自分から勉強したいと言い出しました^_^ちんと計画を立てて私立小学校までの入園準備をしていきましょう。

私立・国立小学校入学までにどこまで勉強するか計画を立てておく

合格してから小学校入学までだいたい5カ月くらいの期間があるので無理なく先取り学習を進めておこうと計画しました。おぺりちゃんは今は1日12枚の小学生向けのプリントやドリルを幼稚園から帰ってきてお風呂から出た後に月~土曜日に毎日解くようにしています。小学校に入学した後の宿題をする時間を想定してやっています。時間にすると添削、直すところまで含めて1時間から長くても1時間半程度です。特に気を付けている事は小学校に入学すると幼稚園とは違って土曜日も学校があるということ。なので今から練習の意味もかねてお休みの土曜日もしっかり学習時間を取るようにしています。

小学校受験を経験した子には普通の小学校1年生の問題集では簡単すぎる

先ほどもお話しましたが、小学校受験を経験したお子様は良く小学校3.4年生くらいの学習能力が既に身に付いていると言われています。なので、おぺりちゃんに小学校1年生用のドリルなどを解かせてみたところ、、、正直物足りない。。。もちろん漢字やひらがな書き方、計算式を書くなど小学校受験では出なかった部分もあるのでその辺はきちんと学習しないといけませんが、算数。国語。どちらも簡単でスラスラ解ける内容ばかりでした。そしてとっても驚いたことが、、、小学校受験では季節や理科、常識などの勉強をあんなにしたのに、小学校1年生では理科や社会の科目が無い。。。今はその2つは『生活』と言う科目になったらしくあまりドリルが無いのです。小学校受験した子には本当に物足りない内容な気がしました。とは言え私立・国立小学校も決して公立の小学校と全く違う難しい学習をするのかと言うとそういうわけではありません。基本的には私立・国立も公立の小学校と同じ内容の学習を行います。私立や国立の小学校の方がより深く詳しく学習するといったイメージです。なので基本的には同じ学習内容の物を小学校でも学んで行きます。もちろん各学校によっては英語の授業には特に力を入れているなど違った部分もあると思いますのでその辺は学校説明会で聞いているかと思いますのでその時にでた教科書なども一度目を通してみると良いかもしれません。

小学校受験を経験した子におすすめの学習方法

小学校受験を経験した子には、普通の小学校1年生用のドリルと、小学校受験の勉強の延長とした難しめのドリルの2つを合わせて学習を進めていくことが良いのではないかと感じました。小学校1年生のドリルでは1年生の基礎をしっかりと身につける。そして難しめのドリルで今までの理科や社会、国語、算数などの知識を更に伸ばし、ステップアップさせていく。この2つを組み合わせるやり方をおぺりちゃんはしています。小学校1年生のプリントを1日約6枚。難しいステップアップ用のプリントを1日約6枚の計12枚の学習をしています。

合格した志望校へ小学校入学!とっても楽しみだけど勉強についていけるか不安もありますよね!小学校入学までの残りの時間を有効に使ってしっかり入学準備しておきましょう(#^^#)

小学校受験合格した子におすすめの記事↓↓↓

●入学準備おすすめドリル・問題集

●入学準備出来る様にしておきたい逆上がり

←こちらも併せてお読みください!(^^)!