お受験・小学校受験

小学校受験・苦手な『シーソー』教え方

小学校受験を目指しているおぺりちゃん5歳。今日は小学校受験のペーパー問題でよく出る『シーソー』の教え方ついてお話します。

おぺりちゃんはこの『シーソー』の問題がとにかく苦手でした。小学校受験の塾で出た問題の正答率はいつも低め、、、

でも『シーソー』の問題集を片っ端から買って教えていったところ。今ではおぺりちゃん、「シーソーの問題、余裕だし~!!」なんて言ってくれるほど出来る様になりました。

その中から小学校受験おすすめの「シーソー」問題集を段階別に3つご紹介します。

 

1.基礎レベル ジュニアウォッチャー 難易度★★★☆☆


ジュニアウォッチャーは全30問で「シーソー」問題集は2つの物のどっちが重いかに始まり、複数の物の重さの順位を聞く本当に基礎の問題が全体の約3分の2くらい入っていたので基礎が分かっていない時にピッタリな問題集でした。

2.標準レベル ハイレべ合格ワーク100.4 比較・数量 難易度★★★★☆


ハイレべ合格ワーク100は全てがシーソーの問題と言う問題集ではないのですが、全10問、重さ比べと言う名前でシーソーの問題が含まれた比較・数量の問題集です。シーソーの問題の量は少ないですが内容は良問ばかりで、シーソーでも足し算・引き算の概念を入れた本番の入試に近いレベルのシーソーの問題の難易度となっています。小学校受験の試験はこのレベルまでは必須だと思いますのでとっても力が付いて良かったです。

 

3.応用レベル サクセスウォッチャーズ 数量 実力アップ編 難易度★★★★★



サクセスウォッチャーズ 数量 応用編は全てがシーソーの問題と言う問題集ではないのですが、全6問、シーソーの問題が含まれた比較・数量の問題集です。シーソーの問題の量は少ないですが内容は難易度高めで、シーソーでも足し算・引き算に余りがでたり割り切れない数を入れた本番でも難問で難関校の入試に近いレベルのシーソーの問題の難易度となっています。でも、よく考えれば分かる難易度。ひらめきと本番で尻込みしない為の練習に良い内容です。

子供は苦手だと思ってしまうとシーソーを毛嫌いしてしまいがちですが、このように段階別に問題集を買って教えていくとどこが理解できていないのかが良く分かりました。解けるようになってくると自分でも面白いと思うみたいでとっても良い顔をしてくる様になりますよ!(^^)!ぜひ皆さんも試してみてください(^^♪

小学校受験こんなに難しいの?!『絵の描き方』←こちらも併せてお読みください!(^^)!