お受験

小学校受験模試の選び方とは?

新年長になるといよいよ受験も本番!※新年長・・・小学校受験で4月からではなく、年中の11月頃から新年長さんと呼ばれます。
小学校受験最大の山!!!模試や行動観察・運動テスト・面接の練習の終盤をどうするのか?おぺりちゃんが実際にやった方法についてお話します。

〇3月・・・新年長児向けの実力判定模試を受けました。
〇4月(年長)・・・行動観察と運動テストだけの指導ゼミを受けました。
〇6月・・・行動運動と運動テストだけの指導ゼミを受けました。
〇7月・・・親子面接だけの模試を受けました。
〇8月・・・ペーパーと行動等の実技の総合模試を受けました。

あくまでも私の意見ですが、模試自体は受験までに2~3回程度。で十分です。もし、志望校が受験会場になっていたら必ず受験した方が良いです。本番の雰囲気がつかめます。

行動観察と運動だけのゼミを受講したのは、おぺりちゃんが通うコペルの受験クラスはほとんどがペーパーテスト対策だったので不安だったのと、行動観察・運動テストは初めて会うお友達とやるというのも本番に近いので単発でこの授業受けました。
これも本番までに2回で十分だなと思いました。
でも、弱点を早く知って行動観察は対策をした方が良いので受講の時期だけは少し早めに受けた方が良いと感じました。

親子面接だけの模試、これも1回で十分です。ただ、当日の模試の内容をビデオ撮影した物がもらえる模試の方がいいです。後から見れば自分達のなにが悪かったのかがすぐに分かります。これも、弱点を早く知って早く対策をした方が良いので受講の時期だけは少し早めに受けた方が良いと感じました。

受験本番1か月を切ったら何の模試も受けない事が重要です。直前に受けた模試がもしボロボロの出来だったら焦ってしまいますよね、なので本番前残り1か月は毎日変わらない生活をし、体調管理をしっかりすること。そして自信をもって本番に挑むのが1番だと思いました!(^^)!

模試を受けて分かったこと。小学校受験の模試はいろいろなところで行われています。
ですが闇雲に受けると、受講料も一回1万円~数万円となかなかいい金額です。それに時間も親子で1日ががり。
模試の内容を良く調べることと、本番までに何回受けるのか、スケジュールをしっかりと立てることがとても大事だなと思いました( ^)o(^ )

おすすめ!小学校受験模試ランキング←こちらも併せてお読みください!(^^)!