5歳・6歳向き絵本

すみっコぐらしのお友達となかよくする方法・小学校受験・行動観察におすすめの本

小学校受験最大の山!行動観察対策の初級編として、
行動観察とは何か?と言うのを子供にまず理解してもらうことです。
おぺりちゃんに小学校受験の行動観察は「お友達と仲良くすることが出来るかを見るテストなんだよ」「小学校にはいじわるな子じゃなくて、お友達と仲良くできる優しい子に来てほしいんだって、おぺりちゃんもいじわるな子嫌でしょ?」と大前提の話をしています。

その上で、お友達と仲良くするには具体的にどんなことをすればいいのか?どうしたらいじわるな子ではなく、優しい子になれるのか。と言うのを子供に教えてあげるのにぴったりなのが
「すみっコぐらしの お友だちとなかよくする方法」と言う本です。

私は一緒に読んでこんなときおぺりちゃんだったらどうする?といってどうしたらお友達と仲良くなれるのか、いろいろな意見を出しながら一緒に考えています。普段子供の幼稚園での生活がどうなっていて、お友達とどうしているのか、全ては見られないので分からないことが多いですが、この本を通して自分の子が普段どんな友達関係を築き、どんな考えをもっているのかもこの本を通して親子で話すことでいろんなことに気づかせてもらいました。



なかなかお友達とどうしたら仲良くなれるのかの幼児向けの本がなく、探していたところこの本を見つけ教科書にしようと思う程とてもおすすめです。
いろいろな実際の場面に応じてどうすべきなのかを子供自身に考えさせてくれる本です。
幼稚園の子でもわかるくらいのやさしい内容になっているし漢字にふりがなもふってあるので、1人でも読めます。
それにすみっコぐらし達のイラストもとってもかわいいのでおぺりちゃんはすぐに読みたい~と食いついていました!

行動観察を制するものは小学校受験を制する←こちらも併せてお読みください!(^^)!