幼児教育

性教育の適齢期は3歳から「水着ゾーン」を理解する事で性犯罪から子供を守る!

私がおぺりちゃんに性教育を始めようと思ったきっかけは、今や日本でも幼児や子供を狙った性犯罪が後をたちません。

我が子が性犯罪の被害に合わないために、、、そして万が一の時に『おかしなこと・ダメなこと』というのが分かり、その場から逃げたり、親にきちんと話せる信頼関係を常に築いておけるようにしておこうと考えたからでした。

まずは『水着ゾーン』のお話から始めました。水着ゾーンとは水着で隠れる部分と口です。
その部分は自分だけの場所で他の人に見せたり触らせたりしてはいけないということをお話ししました。これくらいであれば小さい子でもすぐに理解できることだと思います。

幼児への性教育と聞くと、抵抗がある方もいると思いますが、こんな小さな事でもとても大事な自分の身を守るための立派な性教育ではないかと私は思います。

春になると子供達が親元を離れ保育園や幼稚園に通い始める時期でもあり、私は3歳の幼稚園への入園を機会におぺりちゃんへの性教育をスタートすることにしました。
子供を狙った性犯罪者の多くは全くの見ず知らずの人より、身近な人物に多いと言われます。信頼していた、シッター、教育関係者、先生、知人、身内、顔見知りによることがとても多く再犯率も高いそうです。

でも、いざ、年齢にあった性教育の話を進めていこうと思うとなかなか難しい、、、
そんな時にこんな本を見つけました。イラスト付きで読みやすくとてもオススメです。
このように子供向けの性教育の本を購入し一緒に読むことで少しづつ一緒におぺりちゃんと勉強しています。

男の子にはこちらの本もおすすめです!

小学校受験合格を目指するなら家で植物を育てるべし!!←こちらも併せてお読みください!(^^)!