お受験

小学校受験とプリキュア・ディズニープリンセス

小学校受験を目指しているおぺりちゃん5歳。今日は女の子の大好きなプリキュアやディズニープリンセスについてお話します。ご家庭によってはこういった物は見せないと言う方もいらっしゃると思いますが。

おぺりちゃんはディズニープリンセスもプリキュアも普通に見て育ちました。

物は考えよう。私は大好きなキャラクターを遠ざけるのではなく、味方にして小学校受験に通じるも知育やワークなどを買って勉強への興味のきかっけにしていたのです。

好きこそ物の上手なれ?!馬の鼻先に人参?!的な考えですが、、、それがめちゃくちゃ効果あり!普通の幼児教室のプリントも、小学校受験の塾の宿題も好きでしたが、やっぱりこの手のワークは別腹といった感じです(笑)本人のやる気スイッチを入れる事が小学校受験では何より大変なので( ;∀;)こんなことをきっかけにでも勉強やプリントが好きになってくれて本当に良かったです。

小学校受験を目指す年齢はだいたい3~6歳くらい。ちょうどディズニープリンセスやプリキュアが大好きな年頃ですよね。普通に生活していれば幼稚園等の、周りのお友達がランチセットやバック・ヘアゴム・マスクのグッズを持っていたりとなかなか避けては通れないこのキャラクター達。どうせ避けて通れないならキャラクター達を一生懸命遠ざけるのではく、いっそ大好きなキャラクター達を味方につけて、小学校受験の基礎や勉強だと苦手な物や難しい事をディズニープリンセスやプリキュア達と楽しくやってみよう!!と考えました。


ディズニープリンセスやプリキュア等のキャラクターを
好きになって良かった点
おぺりちゃんはプリキュアやディズニープリンセスが1番好きだったのは幼稚園の年少・3歳~年中・4歳まででした。5歳の今では嫌いではないみたいなんですが、もう興味ない感じです。。。(笑)
早く好きになった分、周りの子に比べると卒業も早かったんですが。
実はこれ良い事があって、小学校受験の勉強はスケジュールに余裕を持ってとにかく早くやり始めた方が良いんです。年齢より早く好きになってくれると基礎のワークの内容が早く進んでくれるので小学校受験の目線で言うとかなり助かりました。
ディズニープリンセスやプリキュア等のキャラクターを
好きになって悪かった点
アニメをTV・YouTubeやDVD・録画などで繰り返し見ることができること。子供なのでルールを決めなければエンドレスで見たいと言い出します。なのでそこはルールをしっかりと初めに決める事が大事です。時間を決めて週に1度リアルタイムの放送だけ見ると決めていました。YouTubeやDVD・録画など繰り返し見ることができる物はエンドレスになってしまうので禁止していました。あとは、グッズが山ほどあること。洋服から本・おもちゃ幼稚園グッツまで何でも売っているので買いだしたらキリがありません。なのでこれもルールを決めて買い与えすぎない様にしていました。


 

子供の時から大人になってもディズニープリンセスやプリキュアが一番大好き!!なんて事はほとんどありません。子供はいつか飽きますので。でもこの期間限定な大好きな気持ちと上手に子育て・小学校受験と付き合っていくと上手く行かなかったことが意外と簡単に進みます!(^^)!ぜひ試してみてください

幼稚園児ピアノ教室に通わなくても「鬼滅の刃」が3日で弾けるようになる方法?!←こちらも併せてお読みください!(^^)!