子供のコロナ対応

【外遊び】リップスティック・エスボード・ブレイブボード・乗り方のコツ・4歳 ワインディングボード

リップスティック、ブレイブボード、エスボード

今、小学生に大人気のリップスティックやブレイブボード、エスボードに4歳で挑戦したおぺりちゃんのお話です。

まずはこのリップスティック、やブレイブボード。

一見ただのスケボーに見えるのですが全く違う、、、

何と2つしかタイヤが付いてないのです。スケボーは4輪でも難しいのに、「たっ、タっ、タイヤ2つだけでどうやって進むの〜!!」4歳のおぺりちゃんにはリップスティック、ブレイブボードは乗れないよー。

いやっ待てよ。そんな事はない!作戦を立てよう!という事でここから、おぺりちゃんをどうこの2輪のスケボーに乗れるようにするかを考えました。

まず、前提として自転車に乗る練習には

ステップ1. ストライダー
ステップ2. 変身バイク

で自転車に乗れるようになる!的な段階をおぺりちゃんは踏んで来たのでした。

と言うことは、↑これと同じ感じでリップスティックやブレイブボードも徐々に段階を踏めば、4歳でも乗れるようになるのではと考えました。

リップスティック・ブレイブボードに乗る前に必要な手順

ステップ1. バランスディスクを2つ購入してそれに乗る練習をする。

バランスディスクと言う小さな楕円形のバランスボールを2つ買い、そこに片足ずつのせバランスをとり、スケボー、ブレイブボード、リップスティックの様にバランスを取りながら乗る練習を家の中でやりました。

このバランスディスクは小さいので子供でも楽しく安全に出来ます。

それからブレイブボードやリップスティックの練習意外にも2つあると1つずつ親子でどっちが長く乗れるか等楽しくバランス感覚を養えるのでオススメですよ!

もちろん筋トレやダイエットにも^_^空気を抜けばペチャンコになるので場所も取りません。


ステップ2. ワインディングボード、くねくねぼーどを購入して乗れる様に練習をしました。何故これが良いかと言うとタイヤが6個も付いているのであまり転倒はしません。

なので初めてのボードに乗る時のグラグラ感や転ぶ事への恐怖感がほとんどなく小さな子でも安心でかつとっても簡単に乗れるのです!

それにブレイブボードやリップスティックはスケボーの地面を蹴って進む方法とは違い、ボードの上で体重移動をし、足や腰やひざのくねくねとした力で動かす乗り物なのです。

このワインディングボード、くねくねボードも足の動きでタイヤを動かして前に進むので、ブレイブボード、リップスティックの様なボードに乗ると言う事への感覚をかなり持つ事ができました。

このワインディングボード、くねくねボードが自転車の練習で言うならストライダー的な役割を果たしてくれたので、練習が嫌になる事なく本当にスムーズに練習が楽しく出来ました。


ステップ3、 ここで初めてリップスティックやブレイブボードに実際に乗る。

確かに最初は難しいのですがステップ1でのバランス感覚とステップ2で実際のボードに乗る事への感覚が養われているのでとってもスムーズ!

4歳のおぺりちゃんでもあっとゆうまに乗れる様になりました^_^

このステップなら4歳くらいの小さなお子さんでも、思うようになかなか乗れなくて諦めたり、グズったり、不機嫌になる事もなく、とても親としても助かりました!

皆さんもぜひ親子で楽しみながらリップスティック、ブレイブボードやってみてください(^^)


あと補足です!

リップスティックやブレイブボードは、どうしても最初のうちは転びます。やはり転ぶと痛いです。

小さい子供はこの痛みだけでもやる気が失われる大きな原因だと思います。

なので最新のウィグルボード、くねくねぼーど、リップスティック、ブレイブボードをやる時にはヘルメットはもちろんこのプロテクター「ひざ、ひじ、手首」のセットとおしり様のプロテクターも必ず購入して、練習の際には装着してあげると転ぶと痛いという嫌な感覚も無いのでどんどん上達して行きますよ!