1.小学校受験

小学校受験じっとできない。落ち着きがない子。学校説明会・オープンスクールで注意すべき事

小学校受験のオープンスクール・公開授業に参加する時、子どもがじっとできない。落ち着きがない子が小学校へ行く時の注意事項や服装・準備すべき事、実際に持って行った持ち物などについてご紹介します。

この記事を書いている私は受験指導歴7年・私立小学校に通う娘のおぺりちゃん1年生を塾なし!ほぼ自宅学習で合格させたワーママです。こんな私が解説していきます。

オープンスクール・公開授業で注意すべき事

お子さまのマナー

オープンスクール・公開授業に参加する事でお子様がこの学校に行きたい!楽しいと思ってくれること。そして、受験本番までに学校の雰囲気に慣れておくことが出来てとても重要です。がその反面、先生方も多くお子様の躾・マナーも見られる事になります。私もおぺりちゃんと小学校公開授業・オープンスクールに何も対策をしないで学校に行った結果、大はしゃぎ!初めて見る小学校が楽しくなってしまって大失敗しました。

原因はおぺりちゃんが

1.小学校とはどんな所か、2.小学校で守るべきルールを知らなかったです。

この問題集はそんな小学校説明会・受験での守るべきルールが分かりやすく書かれています。


これを説明会やオープンスクール・模試など小学校に実際に行く前日におぺりちゃんと読んで、小学校に行くことで小学校での守るべきルールが分かり、以後そのような失敗がなくなりました。とてもおすすめの1冊です。

オープンスクール・公開授業とは

小学校説明会との違い

小学校で開催されるオープンスクールスクール・公開授業はお子様に向けて開催されます。実際に授業をしているお兄さんお姉さんの様子を見たり、自分達も学校の授業を体験したり。学校の探検や遊びなどを取り入れて学校はどんな場所なのか・どんな授業をするのかを体験することが出来ます。

反対に小学校受験説明会は保護者を対象とし、学校の理念・教育方針・施設・年間行事・受験内容・学費などの説明を校長先生を始め先生方が説明をしてくれます。

願書・面接のエピソード対策

オープンスクールは、授業の様子や内容、在校生の生徒さんや先生の様子・など願書にかけそうなエピソードがたくさん生まれます。願書には具体的な学校でのエピソードを入れる事で、とても印象が変わります。小学校のオープンスクールや公開授業以外でお子様が実際に何かを体験する貴重な場所は無いのでぜひたくさん良かった所をメモしておきましょう。

服装

オープンスクールで、特に指定がない場合や科目・体験授業の内容が動きまわる内容ではない時は通常の『小学校受験説明会』に行く服装が好ましいです。

反対に、学校側から『動きやすい服装』の来校案内がある場合や動き回る内容の場合には以下の服装が好ましいです。

子ども

動きやすい様に運動や行動観察と同じ白いポロシャツに紺色の半ズボン(男の子)かキュロット(女の子)が基本の服装になります。

男の子


女の子


母親

動きやすい様にスカートより紺のパンツスタイルをお勧めします。


受験に合格後も学校行事や寒い日、にも使えるので紺のパンツスーツは1着あると便利です。

父親

襟のあるシャツ(長袖・半袖)にスラックス。ノーネクタイで動きやすい服装がおすすめです。


 

 

持ち物リスト

子ども

帽子・・・夏の屋外で体育などの体験授業がある時に忘れがちなのがお子様の帽子です。私は幼稚園の体操帽子を裏にすると白かったのでそれを裏にして被せました。他にも100均などでも体操帽子(白)が売っているので用意しておくと良いです。

スモック・・・工作や習字を体験することができる場合には紺色のスモックがあると良いです。前ボタン式だと自分で上手に脱ぎ着できます。


着替え

水筒

ハンカチティッシュ

上履き

バインダー・・・メモを取る時やアンケート用紙を記入する時に便利です。

スリッパ

飲み物

筆記用具

ハンカチティッシュ

ビニール袋・・・脱いだ靴を入れたり、万が一お子様が服を汚してしまった時など1枚あると便利です。

折り畳み傘

などもあると便利です!

まとめ

小学校説明会やオープンスクールで子供の落ち着きがない、じっとしていられない原因は初めて小学校が楽しくなってしまう事です。

まずはお子様に

1.小学校とはどんな所か、2.小学校で守るべきルール

をしっかりと教えてあげてから小学校説明会・学校の受験の行事に参加しましょう。

また、小学校受験のオープンスクール・公開授業はお子様向けの内容が多いので、受験本番までに学校に慣れる事の出来る貴重な場所です。また、願書に記入する実際の体験やエピソードを集める絶好の機会ですので、志望校のオープンスクールにはぜひとも参加しましょう!

人気ですぐに定員になってしまったり、予約制の学校も多いのでこまめに情報をチェックすすこともお忘れなく!

ぜひとも親子で楽しく公開授業に参加してみましょう!

うちの子小学校受験に向いていないかも?!と思った事←こちらも併せてお読みください!(^^)!