お受験

【小学校受験】コペルワーク、時計、問題、教え方、クモントイ、知育玩具

時計

小学校受験やコペルワーク・コペルプリントに良く出る 時計の問題

今日は我が家での教え方について紹介します。

これには家にある知育玩具『KUMONTOY くもんのNEWくるくるレッスン』がとっても役に立ちました。

4時や10時などのちょうどの時間は読めるようになっても、6時30分や45分・50分といった時間を読めるようになるのはなかなか難しいです。

でも『KUMONTOY くもんのNEWくるくるレッスン』を使えばお子様1人でも時計が読めます。

使い方は、実際にその時間に長針と短針をあわせます。

次に赤いバーを下げると下の窓からイラストと○時○○分という答えが見えるのです。

これなら1人でできるのでおぺりちゃん大喜び!

時間当てゲームみたいでおもちゃを使うととっても楽しいです。

しかもこの『KUMONTOY くもんのNEWくるくるレッスン』のすごいところは、きちんと1分単位での表示をしてくれるのです。

なので小さい時から小学生まで長く使えます。

何度も繰り返すうちにこの『KUMONTOY くもんのNEWくるくるレッスン』がなくても問題が解けるようになりました。

いろいろ遊べるのでぜひお勧めです(*^_^*)