1.小学校受験

こぐま会「ひとりでとっくん1~100」を実際に使ってみた感想・口コミ 小学校受験おぺりママブログ

小学校受験の問題集を片っ端から使ってみたおぺりちゃん。☜詳しい記事はこちら。今回はこぐま会の「ひとりでとっくん1~100」の問題集を実際に使ってみた感想、良かった点・悪かった点についてご紹介します。

小学校受験を目指すお子様の基礎編の自宅学習・家庭学習用問題集選びにも参考になればと思います。

この記事を書いている私は受験指導歴7年・私立小学校に通う娘のおぺりちゃん1年生を塾なし!ほぼ自宅学習で合格させたワーママです。こんな私が解説していきます。

こぐま会「ひとりでとっくん1~100」シリーズとは

小学校受験の教室をやっているこぐま会が出版している「基礎」の自宅学習むけ問題集です。

この『ひとりでとっくん1~100』の難易度は基礎です。小学校受験をする子なら誰でも当然にできるようにしておきたい!と言った必須の内容になっています。

こぐま会 公式ページ

種類

「ひとりでとっくん100」はその名の通り、未測量、位置表象、数、図形、言語、推理・記憶・論理、常識、製作・手先の巧緻性といった100種類もの細分化された受験科目の問題集があります。

価格

定価は1冊660円です。

問題数

問題集1冊に収録されている問題数は1問1ページで30問が乗っています。

カラー・白黒

問題集の印刷は全て白黒の印刷となっています。

内容

こんな感じで問題文が全てひらながで表記されています。自分で問題文を読んでお子様一人でも解くことができます。

購入方法

紀伊國屋書店、ジュンク堂書店、蔦屋書店などの書店でも購入する事ができます。全国こぐま会取扱書店☜また、Amazoや公式オンラインショップでの購入も可能です。

難易度

ひとりでとっくん100の難易度は難易度です。ジュニアウォッチャーの問題集☜詳しい記事はこちら と同じくらいの難易度です。

「ひとりでとっくん365」と言うシリーズもありますが、こちらの方が難易度は低く、「ひとりでとっくん100」の方がより小学校受験の基礎レベルに近いです。基礎の対策にはとても良い内容です!

学習の進め方

ひとりでとっくん100は、基礎の問題を解く(アウトプット)にとても向いている問題集です。

ただ、問題と答えのみの問題集なので、基礎自体の理解が出来ていない子には向いていないと思います。

基礎の理解(インプット)が出来ている子がこの問題集を解くことで基礎の内容がしっかりと身につきます。

【基礎】問題・科目の理解(インプット)におすすめの問題集←こちらも併せてお読みください!(^^)!

おぺりちゃんが実際にやった学習の進め方

学習した順番は

1.基礎の理解用『教え方が分かる問題集』☜をときました。

2.次に、ジュニアウォッチャー☜で基礎の問題を解く(アウトプット)の練習をして基礎力をつけました。

ここから応用編の学習に入りました。応用の問題集を解いていく中で、出来ていなかったり、苦手な科目は「基礎」がしっかりとできていない事に気が付きました。

3.その時の苦手科目の基礎の復習にこの『ひとりでとっくん100』の問題集を使いました。

おぺりちゃんは基礎の理解を終えて、すぐこの『ひとりでとっくん100』を基礎の問題を解く練習にをやるのには使いませんでした。そこではなく、その次の応用の問題集で見つけた苦手な科目・基礎の理解ができていない弱点の復習に使いました。

理由は『ひとりでとっくん100』は科目がとにかく細かく細分化されているので他の問題集より苦手科目の中でも苦手な問題をピンポイントに見つけて対策することができたからです!

また、復習には以前と同じ基礎の問題集を使うより、別の基礎の問題集を使った方が子どもが答えを暗記してしまうこともないです。また、出版社が変わる事で同じ科目でも全く別の聞き方がされたり出題方法が変わり解けなくなってしまう子がいます。でもいろんな問題集に取り組むことでその科目でどんな聞き方をされても答えられる力がつきました。

ひとりでとっくん100の良かった所

値段が安い!

基礎の問題を解くアウトプットの練習が出来て、基礎の力をつけるにはとても良い内容だった。

1つの科目を細分化した100冊もの問題集があり、苦手な科目の中の苦手な問題までピンポイントで問題を解くことができて弱点の強化ができた。

B4サイズなので外出先での学習などにも持ち運びに便利。

ひらがなで問題文がかいてあるので小さな子でも問題が1人でよめる

ひとりでとっくん100の悪かった所

科目が細かいので、どんな科目なのかが問題集の題名からいまいちわかりずらくどの問題集を買ったらいいのかが分からない

科目が細かいので結局1つの科目をやるのに複数の問題集を購入しないといけない。

まとめ

ひとりでとっくん100

難易度

小学校受験の基礎の問題を解く(アウトプット)学習に向いている問題集です。

基礎の力を付けるためにピッタリな内容と言う事が分かりました。小学校受験をする子なら必ずやっておくべきレベルの問題集です。

「ひとりでとっくん100」は科目が細分化された問題集なので、一度他の問題集をといた後、苦手だった科目や問題をピンポイントで購入し、弱点を強化し基礎を完ぺきにする!そんな使い方にピッタリです!

ぜひ皆さんも、この『ひとりでとっくん100』を使って基礎を完ぺきにしてみて下さい!