1.小学校受験

お話の記憶・長文読解が得意な子にコツを聞いてみた!小学校受験おぺりブログ

小学校受験のお話の記憶・長文読解が得意なおぺりちゃんは、年長の頃には600~1000文字くらいの長文も1回聞いただけでほぼ暗記をしていました。私もやってみるぞ!おぺり母も負けじとチャレンジした所。。。はずかしながらお話を読んでいる側なのに読み終わったとたんに全てを忘れると言う(笑)6問中2問の正答率(* ´艸`)全く出来ませんでした。では、なぜこんなにおぺりちゃんはお話の記憶・内容理解が得意だったのかその理由についてお話します。

このブログを書いている私は受験指導歴7年・私立小学校に通う娘のおぺりちゃん1年生を塾なし!ほぼ自宅学習で合格させたワーママです。こんな私が解説していきます。

長文読解・お話の記憶が得意になるには

おぺりちゃんにコツを聞いてみた

そこで、おぺりちゃんに「どうやってこんな長いお話を覚えているの?」と聞きました。すると「お話が頭の中に絵本みたいに出て来るんだよ。」と言う驚きの解答でした。

『頭の中に絵本』・・・そーゆー事か!!!( ゚Д゚)おぺりちゃんは、頭の中にお話を言葉ではなく、絵で記憶している!!!と言う事に気が付いたんです。

おぺりちゃんがお話を頭でイメージできた理由

おぺりちゃんが、頭の中で自然とお話を絵でイメージできるワケ。それは小さい頃に家庭・幼児教室でやっていた『ある事』にありました。

絵カード記憶ゲーム

おぺりちゃんが小さい頃、100均で買った来たいろいろな絵の描いてあるかるたで良くこんな遊びをしていました。

私がのカードを4枚くらい選んで、カードに描いてある絵で適当に作ったお話を言います。

例えば、①4枚選んだ絵カードをあひる・りんご・ラッパ・いちごの順に並べておぺりちゃんに見せます。

②「あひるがリンゴを食べようとするとラッパがなっていちごになってしまいました。」とお話をします。

③先ほどのカードを隠します。

④最初に出てきたのはなーんだ?その次は?といった感じでおぺりちゃんに答えを聞きます。

こんなゲームを家でよくやっていました。これは幼児教室でもやっていた記憶カードゲーム(ギネス)のやり方←☜のでそれを家で簡単にまねして遊んでいただけだったのですが、徐々にカードの枚数を増やして行って、出来る様になるとおぺりちゃんは、記憶カードゲーム(コペルギネス)全国大会☜で5歳初出場で地区予選1位、全国大会で8位入賞に輝きました。

Eテレ・にほんごであそぼの『雨ニモマケズ』暗唱

にほんごであそぼのテレビで、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」や「じゅげむ」などの長文を暗記して子供たちが言うコーナーがあります。

おぺりちゃんも幼児教室でこれと同じような取り組みをしていました。私は、3歳のおぺりちゃんでもこの長文をどうやったら暗記出来るかを考えました。で、私は記憶用に文章の冒頭にをかいた紙を作ってあげていたんです。「雨ニモマケズ」暗唱方法←詳しくはこちらのブログをご覧ください すると、暗唱入門☜と言う1冊の暗記用の教科書を3歳で全て記憶し、教室最年少記録で表彰さるまでの記憶力を発揮しました。

お話の記憶が得意な理由

先ほどの2つのことから、おぺりちゃんが長文を記憶できる理由は、

1.小さい頃に絵を見てイメージしながらお話を記憶する遊びをしていたことが

2.お話の記憶の長文を全て絵として頭の中でイメージして記憶すること

が出来たために小学校受験のお話の記憶・長文読解が得意になったんだと思います。

お話の記憶のコツをつかむと…

お話の記憶のコツを1度つかんでしまうと、お話が長文になっても全くその力は衰えません。小学校1年生になったおぺりちゃん。全く練習していなくても、1000文字近い長文の問題が今でもパーフェクトに解けます。そして、絵本と言う言葉の通り、きちんとページごとに記憶しているのでおぺりちゃんは、お話の順番も前後を間違えたりしません。

この絵で記憶する方法は、例えば「1度自転車にのるコツをおさえてしまえばしばらく自転車に乗らなくても乗れる!」様な感覚で一度しっかり身に付けてしまえば、あまり練習しなくてもずっと出来てしまう能力の様です。

お話の記憶はあまり練習しすぎてはいけない?!☜詳しい記事はこちら

まとめ

記憶の得意なおぺりちゃん、小さい頃に遊んでいた絵カード記憶ゲーム(ギネス)・「雨ニモマケズ」の暗唱と小学校受験のお話の記憶・長文読解の記憶方法にはかなり共通する部分がありました。

とはいえ、最初は小学校受験のお話の記憶は中々できずに苦労することもありました。しかし、小学校受験のお話の記憶の問題を解くだけではなく、いろいろな記憶の練習を遊びながらする事で親でも驚くほどの記憶力を身につける事が出来ました。

皆さんもぜひ楽しくお話の記憶のコツをつかんでください!

おすすめ‼絵カード記憶ゲーム付きお話の記憶問題集☜詳しい記事はこちら