お受験・小学校受験

ライバルに差をつける!『夏休みの過ごし方』

小学校受験を目指している幼稚園児おぺりちゃん5歳。今日は年長児、受験直前の小学校受験最後の夏休みに某有名小学校受験関連会社が推奨する『夏休みの過ごし方』についてお話を聞く機会がありましたのでご紹介します。

小学校受験・年長児 『夏休みの過ごし方』

朝:朝食の前の60分 前日の復習や基礎等の比較的簡単なプリント・ペーパー対策の問題を解く。(空腹時の方が集中できる為、朝ごはんの前が良いそうです)

午前中:お家の事のお手伝いをしてもらう。

 

午後:絵画・巧緻性などの制作課題や口頭試問の練習を行う。

 

 

夕方:40分×3回 本番と同じ様な難易度のプリントの問題・ペーパー対策をやる。(夕方が一番集中力が上がるとのことで短時間の休憩をはさみながら難易度が高めな問題をやると良いそうです)

 

でも、、、正直うちのおぺりちゃんはプリントの問題・ペーパー対策をここまで時間をさいて出来ちゃいない”(-“”-)”もう少し頑張らないとだね。。。スケジュールを見直すいい機会になりました!

夏休みの過ごし方で小学校受験の実力はかなり変わると担当の方はお話していました!

長いようで短い夏休み!きちんと計画を立てて規則正しいをしながら、小学校受験最後の夏休みを乗り切りたいですね!

小学校受験面接の回答例←こちらも併せてお読みください!(^^)!